両所信仰

根際三宝荒神さまの彫刻

月山神と鳥海山(大物忌神)に対する信仰です。

月山神は水を司る農業神として崇められてきました。
また、月山神を阿弥陀如来とする考えもあります。

鳥海山大物忌神の「物忌」とは不浄を嫌うという意味合いがあり、強い浄化作用があると信じられてきました。

やる気を起こさせ、眠れる才能を開花させるとも信じられていたようです。

普流稲荷

根際三宝荒神さまの彫刻

根際上の通称「赤坂」を登り上げたあたりの左手にある稲荷神社です。

根際齋藤家の氏神で、かつては谷地城の守り神だったものを、谷地城の落城の折り、根際に移したものと伝えられています。