造山

谷地から寒河江に向かい途中に造山地区があります。

地区内には、地区名が示すようにこんもりとした小さな山があります。

自然の山ではなく、かつて地区の近くを流れる槙川が寒河江川の分流だった頃、洪水が発生しその時堆積した土砂を集めて作られた、といわれています。

山の上には大日如来を祀った祠があります。

大日如来は月山神の化身と考えられていますので、、この山を月山に見立てていたのかもしれません。

住宅が山の周りの立っているので確認できませんが、山の上からちょうど月山が見え始める高さなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。