造山

谷地から寒河江に向かい途中に造山地区があります。

地区内には、地区名が示すようにこんもりとした小さな山があります。

自然の山ではなく、かつて地区の近くを流れる槙川が寒河江川の分流だった頃、洪水が発生しその時堆積した土砂を集めて作られた、といわれています。

山の上には大日如来を祀った祠があります。

大日如来は月山神の化身と考えられていますので、、この山を月山に見立てていたのかもしれません。

住宅が山の周りの立っているので確認できませんが、山の上からちょうど月山が見え始める高さなのかもしれません。

治部橋水源地

平成25年(2013年)の豪雨で寒河江川からの取水ができなくなり、河北町中が断水したことがありました。

このため、町では独自水源の必要性から新たな水源地を探しました。

その結果、治部橋地区に良質な水が大量に取水できることがわかり、新たに水源地として整備されました。

水田の中にあるので、中島・治部橋地区ー天満地区の道路から見えると思います。

両所配水地

両所地区から根際地区のサンスポーツランドに抜ける途中にあります。
大きな、河北町中に送る水をためたタンクがあります。

大きなタンクは、西川町吉川にある寒河江川から取水して浄水した水を河北町内に排水するための貯蔵タンクです。

西川町吉川の浄水場は両所配水地よりも標高が高いところにあるので、吉川からの水はポンプなしで、自然流下で両所配水地まで届くそうです。

かつては同じ両所地区の和館山にありましたが、老朽化などの理由で、現在のところに新たに建造されました。

通称:根際山

根際地区にある山々を総して根際山とよんでいます。

サンスポーツランドがある山を宝山。
戦国時代、弓の練習をしたといわれる的場山。
船の荷物を上げ下ろしした荷着山がなまって鶏山など、個々に名前があるようですが、今となっては名前のわからない山がほとんどです。

通称:両所山

両所地区にある山を総して両所山とよんでいます。
昔の水道の配水池があった山を和館山(わだてやま)。
河北町で最高峰の正玄坊などがありますが、個々の山の名前はよくわからなくなってしまいました。

古佐川沿いにお坊さんの名前がついた地区が多くあることから、かつては葉山に通じる参道だった可能性があります。

なお、和館山は名前が示すとおり、かつてお城があった山です。

古佐川

両所地区の山を水源に西里内の水田を根際地区の山、谷地の西部地区の山の水を集めながら谷地押切地区(谷地中部小学区)で最上川にそそぐ河川です。

しばしば洪水を起こした記録があります。

かつては、寒河江川の分流だったという言い伝えがあります。

槙川

塩の渕地区の南側の水田内で、寒河江川の伏流水を水源にしてながれ、田井地区(溝延小学校学区)で最上川に注ぐ河川です。

かつては寒河江川の分流だったようです。

大谷地堰

通称「堰川」と言われています。
寒河江市慈恩寺から寒河江川の水を取り入れ、西里地区・谷地地区の水田に水を供給しています。

かつては寒河江川の分流でその河道を利用して堰を作ったようですが、いつ頃作られたのか、はっきりしていません。